各診療科における男女共同参画への取り組み紹介

循環器・呼吸器外科では、現在5名の女性医師が在籍しています。結婚、育児と並行して診療に従事しているものもおります。

外科は性別に関係なく厳しい環境であることは間違いありませんが、女性医師が家庭と仕事を両立できるように、また妊娠、出産、育児のために志を途中であきらめることのないようにサポートいたします。その方法はそれぞれの周囲環境によって異なりますので個別に対応いたします。そのためにはまず相談しやすい雰囲気が必要です。安定した妊娠、出産のためには時間的余裕だけではなく、不安や焦りなどの精神的な要素も取り除くように教室員が協力します。復帰のタイミングや復帰後の業務、外科の技術的なリハビリも支援いたします。病院においても家庭においても希望がかなえられるように体制を整えています。

循環器・呼吸器外科

科長 松居喜郎