各診療科における男女共同参画への取り組み紹介

皮膚科学教室では、女性医師の扱いについては、原則として男性との差別はありません。男性と同じ仕事を同じようにして頂きます。

「原則として」と申し上げたのは、状況によっては女性として考慮しなければいけない場合があるからです。特に、結婚して子供が生まれた場合、ご両親の助けをかりなくても、皮膚科医としての仕事を続けていくことができるよう、出張、当直等の面で配慮するようにしています。

また、産前産後で体調を崩された場合には教室全体でサポートしますので、安心して出産を行える環境が整備されています。

このように皆さんのそれぞれの事情に応じてきめ細かく対応し、「出生率日本一」の講座を目指して、女性医師の皆さんが快適に勤務できるよう努力したいと思います。

当教室のホームページ(http://www.derm-hokudai.jp/jp/index.html)でも取り組みを紹介していますので、ぜひご参照下さい。

皮膚科 科長

清水 宏